01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
プロフィール

7kobito

Author:7kobito
うさぎ関係手作り品のお店
【Carrot Leaf】
since:2008.6.22



★☆★2人の得意分野★☆★
《7kobito》 
 ハーネス・布製品など
《ちーず》
 粘土・デコ物など

☆:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::☆
Carrot Leaf のバナーです。
リンクして頂ける方はお使い下さい^^

↑ ショップの入り口 ↑
☆::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::☆

↓ポチっと応援よろしくです↓
   にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ用品・グッズへ

【Carrot Leaf】の画像・文章など無断使用・転載はお断り致します。
商品を参考にしての制作・販売は絶対にしないで下さい。
ご不明な場合は管理人まで問い合わせ下さい。

リンク

最新記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

QR

365うさぎカレンダー

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『うさぎと暮らす』謝罪文の追記

2009.02.21 02:09|未分類
昨日の日記の追加(笑)
ハーネスレシピの作り方で、あの本の通りに作ったら
うさちゃんが着れるハーネスが作れません^^;
10キロくらいのウサちゃん用ハーネス?!ってサイズの物が出来てしまうと思います。
この点も編プロに問いただしたのですが
回答は全て「うちのやり方なので」・・・でした。
「作った型紙を見せて下さい」って言ったら
出版したばかりなのに「型紙は廃棄処分しました」との答え(ーー;)
「読者さんから質問が来たらどうするのですか?」と聞いたらダンマリ。
「この型紙で作ったハーネスは?」って聞いたら
「実際、生地ではハーネスは作ってません」との呆れる回答。
「はぁ~~~?!実際に作って無いのにどこをどうやってサイズ調節したら
私が作ってるハーネスのサイズ・形と同じになるのですか?!」って聞いたら
理解不能の説明をされてました。
ハーネスを作らずにレシピだけのせる?!読者をバカにしてますよね。
ハーネスを知らない初心者の方が、こんなものなのかな?!って作って着せて
怪我でもしたらどう責任をとるのでしょうか?!ビックリです。

私の作ったハーネスの作り方をそっくりそのまま写して
「レシピ提供:○○○○」って良く書けるよなぁ~って不愉快。
結局 このレシピ提供者も名前だけで、作っていたのは責任者の別の方でしたけど(ーー;)

話をしたらキリがないくらい呆れる事ばかり。
こんな状況だったので・・・私達が怒っても当然ですよね^^;
うさぎを愛するうさ暮ら編集部の方は
「うさぎをなんだと思ってるんですか?!」って怒り爆発してた。
当然ですよね。。。


にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ用品・グッズへ←1日1回のクリック応援ヨロシクです⌒(v=^-^=v)⌒
スポンサーサイト

うさぎと暮らす・謝罪文

2009.02.18 01:20|未分類

今回の『うさぎと暮らす』31号(P98)にお詫び文が載ってます。
何故このような謝罪文が?!って思いますよね^^;
簡単に説明すると。。。
さかのぼる事3ヶ月前・・・11月下旬に事は始まり。
実業之日本社さんから出版された本がうさ暮ら編集部さんに
「今回出版したうさぎの飼育本なので宣伝して下さい」って事で届きました。
送って来たのは その本を編集したプロダクション。
編集部の方が内容を見てたら「え゛~~~ッ!!これって○○○さんの型紙ですょ!
私がうさ暮らで取材させてもらったものです!!」って発見。
その直後に私に連絡が入り・・・数日後にマガジンランド社さんに行って
今後の話し合い&実物本の確認。
その日 初めて本を見たんだけど・・・ビックリするくらいそっくり!!
サイズの数字も材料の数字も全部一緒><
「100%私の型紙です!!」って断言できるほど瓜二つ(苦笑)
「この事は○○○さんは知ってましたか?」と聞かれ
「まったく知りません。話があったとしても受けてません。」って答え
「では これは盗作なので・・・」って事で話を進めていく事となったのです。
後日 出版元の実業之日本社さんとマガジンランド社さんと私、計8名で話し合い。
実際は編集プロダクションが作っているので
販売元の実業之日本社さんは詳しい内容が分かって無い感じ。
これでは話が通じないので、後日 編プロの方も交えて話し合いを持つ事となり
クリスマスの日に話し合い(笑)
実業之日本社さん・編プロ・マガジンランド社さん・私、計10名で話し合い。
本を作った方との直接対決?!だったので聞きたい事がいっぱいありました。

話し合いを進めていても絶対に自分の作ったものだと言い張る。
質問すると「それは当社の考えですから」としか言わない(--;)
私が担当者に「何度も聞きますが本当に○○さんが作ったオリジナルなのですね?」
って言っても「はい そうです」しか言わない。 そうとしか言えないんだろうね。
話の中で「簡単に作れるように・・・」って何度も言うから結構プチッ!!ってきてた7kobito。
爆発しそうになったとき・・・私の代わりにいつも冷静なAさんが爆発。
「簡単に簡単にって言いますが、簡単に作れるようなるまでは色々な努力があるんです。
ピョンちゃんっていう身体が悪い子の為に○○○さんが洋服を作って、このハーネスが出来たんです。
この数字だって形だって、色々な経緯があってできたものなのです。
今度は元気な子の為にハーネスを作りたいって事で提供してもらった作り方なんです!!!!!!」って
私が言いたかった事を代弁してくれました。
もう一人の編集部さんも「この本とこの本を見て同じだと思いませんか?!」って
実業之日本社さんの前に本を置いた。
それを見た実業之日本社さんは何も言わなかった。きっと 分かったのかな^^;
ピョンの洋服があったから今のハーネスが出来た!!!
この事を ず~っと見てきてくれてた編集部さんだから言えた言葉だと感謝でした。
その言葉を言われても・・・編プロは最後まで認めなかったけどね。
でも 実業之日本社さんは分かってくれたようで
「後日 トップと話し合いを持たなくてはならない問題ですね」って編プロの人に言ってた。

後日 完全な非を認め
今回の謝罪文掲載となったのです。
現在 書店に出している本を引き上げて裁断して処分すると約束しました。
実業之日本社さんに残ってる在庫分も。
月に一度 経過報告をするって事で・・・1月分の報告をうけました。

どんな事情があろうと無断転用はいけません。
無断転用=盗作ですものね。 人の物を盗んでそれで商売してはダメです。
うさ暮らさんの本を無断転用して・・・
その本を紹介して下さいって送って来たって事は、悪い事をしたと思わなかったのかな?!
ハーネスは何でも同じだと思っていたのかな^^;
私の作るハーネスは特徴があるので、見ればすぐにわかります(苦笑)

今回の事は憤りを感じる嫌な事でしたが・・・勉強になりました。
マガジンランドの社長さんをはじめ、編集部の皆様にはお世話になりました。

「うさぎとの暮らし方がよく分かる本」に載ってるハーネスの作り方は
『うさぎと暮らす・27号』のハーネスの作り方とは一切関係がございません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。